◆映画『日本と原発』上映会は盛況でした

  • 9/26(土),奈良市北部会館市民文化ホールにおける映画 『日本と原発』 上映会は、午前がほぼ満杯、午後も満杯に近い入りで盛況でした。
  • 来てくださった方には、熱心に鑑賞してもらえました。また、実行委員会の福島敦子さん(南相馬市から木津川市に避難)の話にも共感をよせていただき、大飯原発差止訴訟の原告募集のブースも、避難者の手作り雑貨のお店も皆さん、興味をもって見てもらいました。
  • なお、河合監督のトークとご案内していましたが、都合により急遽、木村結さんのお話しに変更しました点はお詫び申し上げます。木村さんは、河合監督、海渡弁護士らとともに映画作成の中心になっていた方で、映画の完成にいたる裏話がありました。また、東電株主訴訟の原告でもあり、東京地裁における最新の審理状況も報告されました。