◆9/29 原発賠償京都訴訟第10回口頭弁論,傍聴御礼

萩原ゆきみ,福島敦子の両共同代表より。

【萩原ゆきみ より 9/30】***********************
傍聴参加してくださったみなさま

  • 本日は第10回期日の傍聴に、お越しくださいましてありがとうございました。傍聴席はちょうど埋まったようです。
  • 第三次原告お二人の意見陳述は、原告席、傍聴席からもすすり泣きが聞こえるほど心に響く内容でした。
  • 後ほど支援する会ブログにもアップしていただきたいです。
  • 弁護団からは、公衆被ばく線量限度の年間1ミリシーベルトへの言及、国は根拠なく帰還をさせようとしている。汚染水の海洋流出問題、食品の出荷制限など、当時の住民避難に対する不備の数々まで細かい説明がありました。日々、Twitterなどで飛び交う隠語のような話が、いざ法廷で出されることに感動すらおぼえました。
  • また、期日報告会もひだんれん結成集会映像とそれに関連したうのさんのひだんれんの近況報告。共同代表福島からの原告団の全国のつながりがやっと動き出しましたという報告。宗川先生からの緻密な計算による『本格検査の方が先行検査に比べて三倍高い小児甲状腺ガンの発生率、原発事故後の小児甲状腺ガンの67%以上が原発事故が起因』という報告。支援する会事務局からの住宅署名展開の意義と拡散願いなど盛りだくさんでした。
  • 皆さま、朝早くからおいでいただき、本当にありがとうございました。
  • 又、原告団の全国的な繋がりを作りに原告が10月に東京やひだんれんの福島県交渉等へ行きます。その交通費のカンパを頂いた皆様、本当に有難うございました。その他の皆様、大変恐れ入りますが、まだ福島行きの交通費が足りないので、何かの折りに、ご支援頂けましたら幸いです。
  • 次回は、11月27日(金)です。次々回は2月3日(水)です。予定にいれてくださいませ。
  • 皆様、本当に本当に有難うございました。

福島敦子 より 10/1】***********************
支援する会のみなさま,原告のみなさま

  • 今日は、あいにくの天気ですが、心は晴れ晴れしています。福島です。
  • 29日の期日では、多くの方に傍聴に来ていただき、満席でした。
  • 裁判後の感想やエールがこの支援する会のML、原告MLで活発に飛び交い、(期日はいつも大きな緊張感で臨んでいるのですが)今私は、みなさまの温かい心に感動しとてもふんわりした心持ちです。
  • この京都訴訟は、支援者の数も限られ、原告ががんばって期日傍聴してもなかなか満席キープし続けることは困難です。全国の交流を通し、裁判を全国の訴訟一丸となって闘わなければ最終的には勝てない裁判なのでしょう。
  • そのため、全国的なつながりのための資金繰りも必要です。期日報告会では、多くの方のカンパをいただき本当に感謝の念に堪えません。
  • 私たち原告も、少しずつ結束を強め、支援してくださる方との交流も楽しんでいます。実際に、今回『傍聴カード』のスタンプ押しを手伝ってくれた原告さんは支援者と触れ合えたことがうれしいと感想を寄せてくれました。
  • それから、支援してくださる方も、傍聴者がいかに広がるのか考えて下さっています。
  • 京都訴訟、個人的な陳述もあります。まさに、佳境。そして私たち原告は多くの気持ちを吐き出す苦しい裁判に入ります。今後も、かわらずともに歩んでくださいますように。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中