◆9/14 大飯原発差止訴訟の第12回口頭弁論の報告

9/14,大飯原発差止訴訟の第12回口頭弁論にご参加の皆様は,たいへんご苦労様でした。
傍聴席が一杯になり,私たちの運動と原発裁判への期待は堅調に推移していることが改めて明らかになりました。報告集会も盛会でした。

渡辺輝人弁団事務局長の話にもありましたが,脱原発の社会運動は裁判闘争,市民運動とも,大きな成果を得つつ着実に展開されていると言えます。引き続き奮闘していきたいと考えています。

・原告側裁判資料…早く届きましたので,デモ参加者に手渡しができ,傍聴席応募者にきちんと配付できました。
・デモ参加者…51名。いつもと同じ規模です。雨に降られず,助かりました。
・原告席参加…36名の原告の方に入っていただきました。
・傍聴席応募…120名で,抽選となりました。
・模擬法廷……30名の参加がありました。
・報告集会……多くの皆さまの参加で,質疑や意見交換ができました。

原告の陳述は,南丹市美山町にお住まいの栢下壽(かやした・ひさし)さんでした。避難計画について,実効性がないこと,地域の実業を把握していないことを主張。SPEEDIや安定ヨウ素剤の配付についても言及,原発事故が起きれば,世界に誇るべき美山町の自然が失われることを陳述しました。

弁護団からは,熊本地震に関連して基準地震動の問題,島崎邦彦元原子力規制委員会委員長代理の指摘に関しても,安全性が過小評価されていること,大飯原発にもあてはまることを主張しました(第23準備書面)。
また,これまでの原告側の主張に対して,被告関電が,反論をしないままになっている点を指摘して追及しました(第24準備書面)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中