◆最新=8/4講演・討論会in若狭 & 交流企画チラシ改訂版

8.4 講演・討論会 in 若狭
原発にたよらない町づくりを目指して

講演 山崎隆敏さん…和紙会社経営、サヨナラ原発福井ネットワーク
本年4月発売の『なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか -県民的対話のための提言』の著者

講演 韓国で脱原発運動を進める若者
韓国で、脱原発運動を展開し、原発のない町づくりを考える若者の代表

討論 原発のない町づくりについて、質疑応答、討論をします。

場所;JR若狭高浜駅2階 「まちの駅ぷらっとHome高浜」

日時;8月4日(金)13時~16時45分 入場無料
京都、滋賀などから配車の予定です(4日9時出発)

主催;若狭の原発を考える会。本講演・討論会開催の趣旨、参加申込み、乗車申込み
については以下をご覧ください。


「8.4 講演・討論会 in 若狭」後、和田海岸に移動し、バーベキューと交流の夕べを催します。

交流企画 キャンプ at 若狭和田ビーチ

日時;8月4日18時より
定員;40人
以下の2つのコースを用意しています。
①バーベキューと交流を楽しんだ後、テントに宿泊して5日午前解散
②バーベキューと交流を1時間半程度楽しんだ後、帰路に(宿泊なし)
参加費;実費;3000円程度(①宿泊あり)、2000円程度(②宿泊なし)
なお、5日は韓国からの訪問者とともに、高浜原発を見学し、周辺の集落でアメーバデモを行います。お時間の許す限りご参加下さい。
[注] アメーバデモ:4~5人の少人数に分かれて、「反原発」の赤旗を掲げて、鳴り物を鳴らしながら、若狭と周辺地域の隅から隅までを歩いて巡り、スピーカーで反原発を訴えながら、チラシを各戸配布する行動


【8.4講演・討論会開催の趣旨】

反原発・脱原発が民意です

◆原発重大事故の悲惨さは、福島原発事故が、はかり知れない犠牲の上に教えるところです。一方、福島事故以降の経験によって、原発は無くても不都合がないことが実証されました。したがって、原発を運転する必要性は見出だせません、反原発は社会通念=民意 となっています。各種報道機関の世論調査でも、原発反対が賛成のほぼ2倍です。若狭にも、表には出ていないけれども、脱原発、反原発の声は多数あります。

世界も脱原発に向かっています

◆世界では、多くの国が福島原発事故を当事国・日本より深刻に受け止めています。また、安全対策などで原発の建設費、維持費が高騰したこと、自然エネルギーやシェールガスによる発電が進み、発電法、蓄電法が高効率化したこと、節電の機運が醸成されたことがあいまって、脱原発に舵切る国が増え続けています。

◆イタリア、ドイツ、リトアニア、ベトナム、台湾が脱原発に向かい、スイスが国民投票で原発新設を禁止しました。また、韓国でも、文在寅新大統領が「原発建設計画を白紙撤回する」ことを宣言し、 40年超え古里原発1号機の永久停止を決定し、 2基の建設を中断しました。最大の原発依存国・フランスでさえ、17基の35年越え老朽原発の廃炉を発表しました(7月12日報道)。アメリカでも、安全対策に膨大な経費が掛かり、他電源に比べても経済的にも成り立たない原発からの撤退が相次いでいます。

◆今、原発を推進しているのは、電力需要が急増している中国などの新興国と、人の命と尊厳は犠牲にしても、経済的利益を優先させようとする日本などの少数です。日本は、原発輸出を成長戦略の一つに挙げていますが、この戦略が破綻していることは、東芝の例を挙げるまでもなく、明らかです。

重大事故が起る前に、
原発にたよらない町をつくりましょう

◆上記のように、国内でも、世界でも、脱原発は大きなうねりです。したがって、近い将来に、原発のない社会がやってきます。それなら、重大事故の起こる前に原発を全廃するのが賢明です。一日も早く、原発にたよらない町づくりを進め、現在および未来の人びとにとって、不安のない、希望あふれる社会を実現しましょう!

8.4講演・討論集会が「原発にたよらない町づくり」を考える一助になることを願っています。是非、ご参加下さい。


8.4 講演・討論会 in 若狭「原発にたよらない町づくりを目指して」
および交流企画「キャンプ at 若狭和田ビーチ」参加申込み

ご氏名;
ご住所;
連絡先  [電話;     E-メール;     ]
参加希望(ご希望に○をお付け下さい)
①8.4 講演・討論会 のみ
②8.4 講演・討論会 および交流企画の両方(宿泊する)
③8.4 講演・討論会 および交流企画の両方(宿泊しない)
④交流企画のみ(宿泊する)
⑤交流企画のみ(宿泊しない)
乗車予約 [京都、滋賀などから配車の予定です(4日9時出発)。
ご乗車ご希望の方は乗車場所をご指定の上、お申し込みください。
詳細は、後日ご案内します。]
→乗車希望場所 [          ]
→帰路の希望
・5日帰路へ
・4日、集会後すぐ帰路へ(京都には20時30分頃到着予定)
・4日、集会後1時間半程度交流企画に参加した後、帰路へ(京都には21時30分頃到着予定)


連絡先;若狭の原発を考える会
木原(090-1965-7192)
橋田(090-5676-7068)
瀧川(080-8327-5588)

広告

◆原発立地・地元の声

【2017年7月21日,京都キンカンで配付。】

最近のアメーバデモなどで聞いた
原発立地・地元の声

取りまとめ:若狭の原発を考える会・木戸恵子

 アメーバデモとは、毎月2回4日間、大阪、兵庫、京都、滋賀から原発立地の若狭に集まり(イベント時には、関東など全国からの応援も得て、総勢50人になることもあります)、3~4人が一組になり、太鼓や鈴を鳴らしながら、また、「反原発」の赤旗を持ち、肩にかけたスピーカーで原発全廃を呼びかけながら、A3用紙に赤と黒で印刷した原発全廃を訴えるチラシを全ての集落の隅から隅まで配り歩く行動です。音を聞いた人が出てきて、チラシを受け取り、話をします。

 以下に、4月30日~7月9日に行われたアメーバデモおよびチラシ配りでお聞きした地元の声の典型例をまとめました。チラシを受け取らない人はほとんどなく、反原発は民意であることを、アメーバデモで実感しています。

◆原発で働く人が周りにいるから大きい声では言えないが、原発は反対や。福島原発事故をみたらわかる。(高浜町薗部 男性)

◆昔は原発で働いていた。線量計を付けていたが、作業をしているみんなのアラームが鳴るので誰が鳴っているかわからない。あんな怖いものとは知らされず、仲間の多くは70才で死んだ。(美浜町 男性)

◆遠いところからごくろうさまです。この辺りは避難区域なんです。(美浜町 女性)

◆原発に土地を売った。一緒に住んでいる嫁が原発を怖がる。(高浜町鎌倉 男性)

◆老婦人が3人で立ち話をしていたところにチラシを渡すと「原発は駄目やなあ」、「原発反対や」、「そおや」と3人の反原発談議が続いた。(滋賀高島町)

◆ご苦労様です。先日、井戸弁護士のお話を聞きました。原発はダメですね。(高島市 女性)

◆「チラシはいりません。ごめんね。家族が関電で勤務しているから。」(高浜町音海 女性)

◆高浜原発が正面に見える内浦湾、「昔はわかめが採れていたけど、原発が来てからは温排水が流されるから、わかめは取れず、藻も生えなくなった」(高浜町上瀬 女性)

◆ご苦労さんの上に、好意的に周辺の空き家情報を教えてくれた。(高浜町城山荘付近 女性)

◆原発反対と言った50代女性は、草取りを止めて、チラシを読んでいた。(美浜町役場の奥)

◆チラシを直接手渡したら、ご苦労さんと言われた。(美浜町美浜原発に近い集落)

◆「私の里も京都の八幡や」という人は、こんなきれいなところで原発事故が起きたら全部パーやねと言うと、「ほんまや!」

◆「安倍があほや。あんたらこんなチラシ配ってたら捕まるで。」(美浜町役場寄り耳川付近)

◆世界は福島事故をみて原発から撤退していると言ったら、「日本はあかん!」(美浜町役場寄り耳川付近)

◆原発のチラシですと言ったら、「反対か!」そうですと言ったら、「ほんならもらうわ」(美浜町役場寄り耳川付近:同様な声は、高浜町旧役場付近でも)

◆チラシを渡すと「原発はもういらんな!」(美浜町佐柿関所跡付近)

◆農作業を終えた4人が集まって話をしていた。ビラを渡すと、「原発がなくなるとどうなるんや」と聞かれ、「一時的には電気代は上がるでしょう」と答える。「福島原発事故みたいになったら大変ですからね」と言うと、「あれはずさんすぎる。関電はそんなことないで」と言い、「関電もたいがいずさんでっせ」と答えた。(美浜町織田神社付近)

◆「原発事故が起きたら、ここだけの問題だ。」琵琶湖の水を関西一円で使っているのでここだけの問題ではない、と答えた。(美浜町久々子)

◆「今、介護で大変だが、原発事故の危機感はある。福島原発事故で若狭の原発事故が一層身近な問題だ。」(美浜町久々子 女性)

◆日曜日のため、多くの人が外に出ていて話せた。原発賛成の人には会わなかった。

◆チラシの見出しを声を出して読み、「地震が多いから原発危ないわな。やっぱりない方がいいわ。ごくろうさん」(美浜町 男性)

◆玄関に座っている80代男性、「暑いのにご苦労さんやなあ」(美浜町)

◆「あんた、原発は反対か」。原発全廃を訴えてチラシを配ってますと答えると、「原発は反対や」(美浜町 男性)

◆玄関先に座っている80代女性にチラシを渡すと「あんた電気使っているやろ」、掃除機や電子レンジを使わず、コンセントをまめに抜いて、10年前より電気代が1/3に減りましたと言うと、「おお、頑張ってるんや。ご苦労さん」(美浜東小学校付近)

◆暑い昼下がり、草取りをしている女性に渡すと「遠方ご苦労様」といって、すぐチラシを読んでいた。(高浜町立正佼成会辺り)

◆「どこから来られたの?」京都、滋賀、大阪から来ています。意外と若狭の原発から近いのですよ。それに私たちは皆、琵琶湖の水を飲ましてもらっていますから切実ですというと、「それはそうやね! 飲み水がやられたら大変やな。そんな遠くから?ご苦労さんです。」

◆1回目「ありがとう。」と手を出して丁寧に受け取って下さった。2回目、覚えておられたようで「いつもご苦労さんです。」と笑顔で受け取って下さった。

◆通りの小さな体操(ヨガ?)教室にビラの説明をして1枚渡そうとしたら「私もほしい。」と言われ皆さん(数人)に渡した。

◆40歳ぐらいの女性に手渡したところ「この辺の方ですか?」、京都、滋賀、大阪から来ていますと答えると、「福井は原発地元なのに原発の情報がほんとに少なくてこういう詳しいのをもらうととてもうれしい。助かる。この辺の新聞は地方紙をとっている人が多いが、一つは政府寄り、もう一つもさらっと一通りのことしか書かない。」と言われ、若狭の各地に毎月来ているというと「頑張ってくださいね。」

◆校門近くで下校する高校生に渡した。半分ぐらいの生徒は受け取ってくれた。興味深そうにその場で読みながら行く生徒もいたし、全く関心なさそうな生徒もいた。

◆保育園、幼稚園近くではお迎えのお母さんたちはチラシをよく受け取ってくれた。

◆家庭菜園の畑に出かけようとしていた70歳前後の女性。「自分のうちで食べる分をお金の節約と楽しみで作っている。年金生活なので畑で賄えるのは大きいよ。今の生活が気にいってる。原発は怖いなぁ。何かあったらここに住んでこういう生活できなくなるんやから・・・。原発関係で働いている人がこの辺多いから言えないけど私は原発反対。」

5月8日~12日の高浜町-福井市リレーデモの途中で多く聞かれた声

◆5月7日の高浜原発前集会、高浜町内での現地集会、高浜町内デモの翌日、福井市までのリレーデモに出発して1時間、家の玄関が開けられていて、通りすがりに中を見ると、上りかまちの薄暗がりの中で3人の方がデモ隊に何度も会釈をされていた。私も帽子を取って会釈した。(高浜町)

◆アメーバデモの鳴り物、スピーカーから流れる原発全廃を訴える声と反原発の赤旗をみて、草刈りの途中だった男性、鎌を持ったまま玄関に表れて「原発反対や、がんばってや」(越前市 男性)と言われた。

◆チラシをポストにいれていたら、音を聞いて玄関前まで出てこられて、「わしは原発反対や、原発は危ない」(越前市男性)と訴えられて、後から来た街宣車に乗っているHさんにも訴えておられた。

◆高齢の男性は、リレーデモに手を合わせておられた。

◆女性が、リレーデモをわざわざ追ってこられ「一緒に歩けませんが・・・」とカンパをくださった。

◆福井市内に入った時、鳴り物やスピーカーから流れる音を聞きつけて、路地からリレーデモを見に来られ
た男性は、ちらしを他所のポストに入れているのを見て、「わしにもください」と走って来られた。


【最近のニュースから】

最大原発依存国・フランスでも
脱原発が進んでいる!

◆フランスエコロジー相は、会計検査院の勧告により最大17基の原発の廃炉を発表した。(NHK BSニュースがフランスドゥの報道として伝えた。(放送時刻 7月12日4時18分)

◆フランス会計検査院はすでに、2025年に向けて原発エネルギーを50%削減するように勧告していたが、これに沿うものである。

◆フランスには、現在、19箇所に原発があり、58基が稼働中である。全てフランス原子力公社が保有している。このうち6箇所の15基は35年以上経過した老朽原発であり、これが廃炉の対象となる。フランスに豊富に存在する、風力、水力、太陽光、地熱に置き換えようとするものである。17基廃炉されれば、原子力エネルギーを25%削減できる。

◆「この発表は、あと30年の運転を見込んでいたフランス原子力公社にとっては大打撃であるが、フランスの原子力産業にとっては革命になるかも知れない」とフランスドゥはコメントしている。

◆この報道はNHKBSニュースだが、全てのメディアは報道せず。地上波NHKも報道していない。国民には知らせたくないニュースらしい。

東電、汚染水の海洋放出を明言

田中原子力規制員長も海洋放出を求めている

◆福島第一原発では、凍土壁の効果もほとんどなく、汚染水は増え続けている。したがって、この汚染水を浄化した処理水も増え続けている。処理水は、除くことが出来ず、内部被曝による障害が深刻なトリチウムだけでなく、除ききれなかった他の放射性物質も含んでいる。

◆薄めれば、海に流しても良いとするのは大きな誤りである。風評被害のみでなく、生物濃縮の危険性も大である。

◆今後、海洋放出が既成事実化し、拡大する可能性も大きい。

海洋放出以外に処理法が無い放射性物質を生む原発を動かしてはならない。

▲2017年7月14日京都新聞朝刊(図をクリック→拡大表示)

2017年6月8日

若狭の原発を考える会(連絡先・木原壯林 090-1965-7102)

前のページに戻る

◆8.4 講演・討論会 in 若狭 & 交流企画 キャンプ in 若狭和田ビーチ

【2017年7月,お知らせ】

原発再稼働阻止、原発全廃のためにご奮闘の皆様

◆悔しいことに、高浜原発3、4号機は再稼動されてしまいました。圧倒的多数の民意を踏みにじる暴挙です。怒りの炎をさらに燃え上がらせましょう!

◆私たち若狭の原発を考える会は、原発立地・若狭で反原発・脱原発を訴えて活動してきましたが、その中で、若狭にも多数の「原発はあって欲しくない」の声があることを実感してきました。この声を、さらに原発反対の声と行動として顕在化して行かなければなりませんが、それには、若狭の方々に、原発依存時代の生活より脱原発後の生活の方が希望が大きいことを確信していただくことが重要です。

◆私たちは、その一助になれば幸いと考え、添付のチラシのように、「8.4 講演・討論会 in 若狭 原発にたよらない町づくりを目指して」を企画しました。本年4月発売の『なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか -県民的対話のための提言』の著者・山崎隆俊さんと、韓国で脱原発運動を展開し原発のない町づくりを考える若者の代表(詳細は交渉中)にご講演いただきます。さらに、この講演・討論会の後には、若狭和田浜に移動し、キャンプをしながら、さらに脱原発、反原発のための議論を深めていただく予定です。この機会に、美しい若狭の海を放射性物質で汚染させないという決意をさらに固めていただきたいと思います。

◆諸事ご繁多な折とは存じますが、お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

*********************************************************

8.4 講演・討論会 in 若狭

原発にたよらない町づくりを目指して

講演(1)山崎隆敏さん

;サヨナラ原発福井ネットワーク代表。本年4月発売の『なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか -県民的対話のための提言』の著者(後段に同書の書評があります。)

講演(2)韓国で脱原発運動を進める若者

;韓国で、脱原発運動を展開し、原発のない町づくりを考える若者の代表

討論

;原発のない町づくりについて、質疑応答、討論をします。

日時

;8月4日(金)13時~16時45分

場所

;JR若狭高浜駅2階「まちの駅ぷらっとHome高浜」

主催

;若狭の原発を考える会(連絡先は末尾をご覧ください)

*********************************************************

反原発・脱原発が民意です

◆原発重大事故の悲惨さは、福島原発事故が、はかり知れない犠牲の上に教えるところです。一方、福島事故以降の経験によって、原発は無くても不都合がないことが実証されました。したがって、原発を運転する必要性は見出だせません、反原発は社会通念=民意 となっています。各種報道機関の世論調査でも、原発反対が賛成のほぼ2倍です。若狭にも、表には出ていないけれども、脱原発、反原発の声は多数あります。

世界も脱原発に向かっています

◆世界では、多くの国が福島原発事故を当事国・日本より深刻に受け止めています。また、安全対策などで原発の建設費、維持費が高騰したこと、自然エネルギーやシェールガスによる発電が進み、発電法、蓄電法が高効率化したこと、節電の機運が醸成されたことがあいまって、脱原発に舵切る国が増え続けています。イタリア、ドイツ、リトアニア、ベトナム、台湾が脱原発に向かい、スイスが国民投票で原発新設を禁止しました。また、韓国でも、文在寅新大統領が「原発建設計画を白紙撤回する」ことを宣言し、 40年超え古里原発1号機の永久停止を決定し、 2基の建設を中断しました。アメリカでも、安全対策に膨大な経費が掛かり、他電源に比べても経済的にも成り立たない原発からの撤退が相次いでいます。今、原発を推進しているのは、電力需要が急増している中国などの新興国と、人の命と尊厳は犠牲にしても、経済的利益を優先させようとする日本やフランスです。日本は、原発輸出を成長戦略の一つに挙げていますが、この戦略が破綻していることは、東芝破綻の例を挙げるまでもなく、明らかです。

重大事故が起る前に、
原発にたよらない町をつくりましょう

◆上記のように、国内でも、世界でも、脱原発は大きなうねりです。したがって、近い将来に、原発のない社会がやってきます。それなら、重大事故の起こる前に原発を全廃するのが賢明です。一日も早く、原発にたよらない町づくりを進め、現在および未来の人びとにとって、不安のない、希望あふれる社会を実現しましょう!

本講演・討論集会が「原発にたよらない町づくり」を考える一助になることを願っています。是非、ご参加下さい。

*********************************************************

交流企画 キャンプ in 若狭和田ビーチ

8月4日講演・討論会終了後、和田海岸に移動:バーベキュウと懇談(テントで宿泊)

キャンプ in 若狭和田ビーチ

日時;8月4日18時より(5日午前まで)

参加費;実費(3000円程度)

定員;40人

なお、5日は韓国からの訪問者とともに、高浜原発を見学し、
周辺の集落でアメーバデモを行います。

【アメーバデモ】

◆4~5人の少人数に分かれて、「反原発」の赤旗を掲げて、鳴り物を鳴らしながら、若狭と周辺地域の隅から隅までを歩いて巡り、スピーカーで反原発を訴えながら、チラシを各戸配布する行動]

*********************************************************

【書評】

『なぜ、「原発で若狭の振興」は失敗したのか』(著者:山崎 隆敏)を読んで

橋田 秀美(若狭の原発を考える会)

◆若狭を隈無く歩いてアメーバデモやチラシ配布をしながら、「原発のない若狭をめざしましょう」と訴えてきた私は、この本の題名に非常に惹かれて一気に読んだ。

◆「国策である原発を受け入れたのは苦渋の選択だった」と若狭の首長たちは口をそろえて言う。故に「原発マネーで生活が良くなるだろうし、そうであって当たり前。」そう期待していた。それがどうだろう、若者はいなくなり、箱物ばかりが建設されるが観光客はどんどん減っていき維持費に窮している。自立できる産業は衰退の一途。なぜこのような事になったのか、著者はいろんな観点から読み解いている。若狭の各自治体の財政を数字で表し、決して原発マネーで財政が潤うわけではないことを見える化して示しているのは説得力がある。

◆「15基もの原発を造らせた福井県は愚かなのか?そうではない」と、原発立地住民の抵抗の歴史も紹介しているが、高浜の漁村の区長さんの言葉が胸にしみる。「今のままで十分暮らしていける。平和な村を壊してくれたら困る。土地を売って金をもらっても一時的なもの・・・結局は生活基盤を失くすだけ。こういった投機的な火遊びを取り除くために、今こそ立ち上がって反対しよう。」この論理が明快ですごく倫理的であるとの指摘はまったく同感だ。経済や科学ばかりが主張されるが、そこに人の命や生活がある以上、倫理的な面からの考察が絶対必要だと思う。

◆そして、「私たちは、どんな社会、どんな国をめざすのか未来を語らなければならない。」と提言している。これは、反原発運動のみならず、私たちが生きていく社会生活において常に基本として問われる姿勢ではないだろうか。

◆原発全廃をめざす者にとって、これからの運動へのヒントが盛りだくさんに示されている。若狭を愛してやまない筆者の熱い思いも感じられる渾身の1冊である。

*********************************************************

■8.4 講演・討論会 および交流企画「キャンプ in 若狭和田ビーチ」参加申込み
ご氏名
ご住所
連絡先 電話 E-メール
参加希望(ご希望に○をお付け下さい)
・8.4 講演・討論会 および交流企画の両方
・ 8.4 講演・討論会 のみ
・交流企画のみ

*********************************************************

■乗車予約
・京都、滋賀、大阪などから配車の予定です(9時出発)。
・ご乗車ご希望の方は乗車場所をご指定の上、お申し込みください。
・4日のみで日帰りの方もご相談下さい。
・詳細は、後日ご案内します。
・乗車希望(乗車場所:    ・4日出発、5日帰着    ・4日日帰り)

*********************************************************

連絡先;若狭の原発を考える会
木原(090-1965-7192)、橋田(090-5676-7068)、瀧川(080-8327-5588)

前のページに戻る