◆原発稼働をめぐるおもな司法判断

…住民側勝訴の判決,決定】


【福島第一原発事故の前】
「原発訴訟」をほとんど全て敗訴にした最高裁事務総局は[原子力ムラ]の守護神!→こちらにくわしい。

住民側勝訴は2例のみで,2勝32敗。
参考図書→『原発訴訟』(海渡雄一著,岩波新書)

(1)もんじゅ訴訟
2003-01-27,名古屋高裁金沢支部(川崎和夫裁判長)
設置許可は無効…一審の判決を取り消し。
その後,2005-05-30に最高裁が控訴審判決を破棄。

(2)志賀原発2号機訴訟
2006-03-24,金沢地裁(井戸謙一裁判長)
日本ではじめて原発運転差し止めを認める判決…耐震指針や活断層の評価に問題。原発は地震によってメルトダウンする可能性。
ただし2009-03-18名古屋高裁金沢支部で取り消し判決,2010-10-28最高裁で確定。


【2011-03-11 福島第一原発事故の後】

(1)大飯原発3・4号機
2014-05-21
福井地裁(樋口英明裁判長)
本訴,差し止め…福島事故のような事態を招く可能性。原発は人格権よりも劣位。

名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)
2017-11-20結審,判決日未定

(2)高浜原発3・4号機
2015-04-14
福井地裁(樋口英明裁判長)
仮処分,差し止め…新基準は合理性を欠く。地震への備えは不十分。

2015-12-24
福井地裁 異議審(林潤裁判長)
▲差し止め,取り消し…新基準は合理的。

(3)川内原発1・2号機
2015-04-22
鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)
▲仮処分,申し立てを却下。火山噴火の危険性は高くない。

2016-04-06
福岡高裁宮崎支部 即時抗告審(西川知一郎裁判長)
▲抗告を棄却…火山噴火は頻度が低く、原発運転中には噴火しない。

(4)高浜原発3・4号機
2016-03-09
大津地裁(山本善彦裁判長)
仮処分,差し止め…福島事故の原因は未解明。規制委の姿勢は不安。

2017-03-28
大阪高裁 保全抗告審(山下郁夫裁判長)
▲差し止め,取り消し…新基準は合理的。安全性は明らか。

(5)伊方原発3号機
2017-03-30
広島地裁(吉岡茂之裁判長)
▲仮処分,申し立てを却下…火山噴火の可能性はない。

2017-12-13
広島高裁 即時抗告審(野々上友之裁判長)
差し止め…阿蘇山噴火の火砕流の到達の可能性あり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中