◆原発賠償京都訴訟判決の報告–支援する会 事務局より

支援する会事務局の上野です。

◆15日の京都訴訟判決の報告です。長文、重複ご容赦ください。

◆スタッフは9時に弁護士会館のホールにいったん集合し、役割分担を確認して裁判所に行くと、すでに見たこともないような大行列ができていました。その後も続々と人が集まって来ます。遠く福島県から来られた生業訴訟の中島原告団長、いわき被害者訴訟の早川原告団長、群馬訴訟の原告・丹治さん、かなわが訴訟の村田原告団長、東京訴訟の鴨下原告団長、関西訴訟の佐藤副代表、ひょうご訴訟の橋本原告団長など主だった訴訟の代表の方々の姿も見えます。メディアも報道各社のほか、アワプラネットの白石草さん、おしどりマコ&ケンさん、フリージャーナリストの吉田千亜さん、添田孝史さんなどの著名人の姿も。

◆裁判所の職員に聞いたところでは、傍聴整理券は370枚出たそうです。私はいつものように抽選に外れ、せめて各訴訟原告団一人には入ってもらおうと傍聴券をかき集め、渡すべき人を探すのですが、なにせ人が多すぎて見つけるのに一苦労。それでもなんとか手渡して、旗出しの写真を撮るために報道陣が集まる門の外へ出て位置を確保。しばらくすると、白土弁護士と清州弁護士の二人が走り出て来て、「三度 国の責任を認める」「一部勝訴」の垂れ幕を掲げました。前者には「やった!」ですが、後者の「一部」が気になります。

◆そのあと弁護士会館のホールに移動しましたが、ホールの中はビデオカメラがずらーっと並び、一角には記者席があるため、実質傍聴者用の椅子はせいぜい140席ぐらいしかありません。座れない人は壁際に立っています。法廷では判決言い渡しが続いているので、閉廷し、その後の囲み取材が終わるまで、「京都訴訟の歩み」と先日のバイバイ原発きょうと集会での原告のリレーアピールの映像を観てもらいました。閉廷し、原告団と弁護団が帰って来ても、原告団の席は舞台上に設営してあり、ビデオはその舞台のスクリーンに向けて映されているので、座る場所がありません。ビデオ上映が終わって、舞台の上に約30名の原告がずらーーっと並び、囲み取材から原告団共同代表と弁護団長・事務局長が帰って来るまで、傍聴者とお見合い状態です。綱渡りの運営が続きます。

◆やっと4人が帰って来て、判決報告集会が始まりました。

◆判決についてはすでに新聞各紙が報じていますが、少しだけ触れます。詳しくは弁護団の分析を待ちたいと思います。

◆責任論については津波は予見可能だったとし、被害の防止措置は経済産業大臣の権限行使によってしかなし得い、権限不行使は職務上の法的義務に反し違法。国は国賠法に基づき賠償する責任を負うとしました。責任割合についても、国は東電とともに、全額について責任を負うとしました。

◆避難の相当性については、空間線量が年間1mSvを超える地域からの避難および避難継続はすべて相当であるという原告の主張は採用できないとする一方、政府による避難指示の基準(年間追加被ばく20mSv)がそのまま避難の相当性を判断する基準ともなり得ないとし、避難の相当性の判断基準を示しました。

◆自主的避難等対象区域からの避難については、①2012年4月1日までに避難したこと、②妊婦または子どもの避難から2年以内に妊婦または子どもと同居するために配偶者または親が避難したこと、という条件を設け、その条件に合致する場合は相当性を認める(ただし、損害は避難時から2年間のみ認定)としました。

◆自主的避難等対象区域外(会津地方、福島県外)からの避難についても、空間線量、避難時期(事故当初)、居住地の自主的避難者の多寡、子どもや放射線の影響を特に懸念しなければならない家族の存在などの要素を考慮して判断するとしました。その結果、過去の判決では認められなかった会津地方、栃木県の大田原市、千葉県の松戸市、柏市からの避難が認められました。また生業訴訟では認められたものの賠償金額がわずか1万円とされた北茨城市からの避難についても自主的避難等対象区域からの避難とそん色のない金額が認められました。恐らく避難の相当性を認めたケースについては損害について地域による格差をつけなかったのではないかと思います。一方で、宮城県仙台市、茨城県つくば市から避難した3世帯については認められませんでした。

◆判決内容について説明があったあと、舞台上に並んだ原告が一人ひとり感想や思いを述べました。ある女性は「避難したことは正しかったと認めてもらえた」と語り、別の女性は「これで自分を責めなくてもいいと夫に報告できる」と涙ながらに語りました。ある男性は「子どもが一番かわいい時期を一緒に過ごすことができなかった。毎年1歳ずつ若返ってくれたらと思う」と述べ、別の男性は「福島で子育てすることを楽しみにしていたのにできなくなった。その責任を取ってほしい」と思いを語りました。避難の相当性を認められなかった女性は「子どもを守りたい気持ちは一緒なのに、なぜ認めてくれないのか」と悔しさをにじませました。高校生二人も「私たちを守るために避難してくれた両親に感謝して
いる」「これからは子どもたちが立ちあがるべきだと思う」と発言し、会場の涙を誘いました。

◆そのあと、各地から駆け付けてくれた各訴訟団から連帯の挨拶を受け、京都原告団を支援する会の共同代表の橋本宏一さん、石田紀郎さん、平信行さんからの挨拶、支援する会の奥森事務局長から今度の取り組みについての報告があり、散会しました。

◆長い間、京都訴訟を支えていただき、ありがとうございました。国と東電は必ず控訴してきますし、原告側も認定されなかった3世帯があり、認定されても遅れて避難した家族が否認されたり、損害が避難から2年間しか認められないなど、それぞれ不満があり、原告団として控訴する意向を固めています。今後とも、ご支援をよろしくお願いします。

◆16日、東京訴訟でも国の責任が認められました。もうこの流れは覆すことはできないでしょう。政府を統一交渉に引っ張り出すよう、他の訴訟団とも連携を強めて行きます。

◆なお、4月29日にキャンパスプラザ京都で判決報告集会を行ない、そこで弁護団から京都地裁判決の分析結果も報告する予定です。午後からは近畿訴訟団交流会を兼ねてレセプション(別途、参加費が必要)があります。詳細が決まった時点でまた連絡しますので、ぜひご参加ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中