老朽原発うごかすな!リレーデモ

(2019年9月17日更新)
(このリレーデモ以外の「京都の原発関係の運動」は→こちら
(「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井 Blog」は→こちら
(「老朽原発うごかすな!キャンペーン」は→こちら

◆リレーデモの趣旨

◆原発が老朽化すれば、危険度が急増することは多くが指摘するところです。それでも、関電は、来年には運転開始後45年超え、44年超え、43年超えになる老朽原発・高浜1、2号機,美浜3号機の再稼動を画策しています。また、原発の40年超え運転は「例外中の例外」としていた政府は、この約束も反故(ほご)にしようとしています。しかも、原発を動かせば、たまり続ける使用済み核燃料の行き場はありません。
◆「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」は、老朽原発・高浜1、2号機,美浜3号機再稼動の野望を阻止するために、10月1日~11月22日の「老朽原発うごかすな!キャンペーン」に続いて,11月23日に高浜原発を出発し、12月8日に関電本店に至る200km、16日間のデモを行います。
 
◆このリレーデモでは、高浜町(高浜原発)→若狭町→高島市→(湖西)→大津市→京都市→大阪(関電本店)のコースの本流だけでなく、
(1)福井市を出発し、美浜町を経由して本流に合流するコース、
(2)名古屋市を出発し、米原市、大津市を経由して本流に合流するコース、
(3)姫路市を出発し、神戸市を経由して大阪(関電本店)に到るコース、
(4)奈良市を出発し、大阪(関電本店)に到るコースなどを支流とするリレーデモも行い
最終的には大阪での大集会の開催を計画しています。
・本流の出発にあたっては、高浜原発前で出発集会を行います。
・また、各コースの自治体には申し入れを予定しています。
・本流は徒歩で踏破することを基本にし、支流は自転車、自動車、列車の利用も含めて、あまり無理のない行動を考えています。
・また、支流の実施時期は、本流の実施時期でなく「老朽原発うごかすな!キャンペーン」期間中(10/1~11/22)に、先取り的に実施する案も出ています。
(5)京都北部では、リレーデモ前段行動として、講演会や集会を計画中です。
 

[原発うごかすな!実行委員会@関西・福井]

 

◆リレーデモの詳細